といやまこどもクリニック滋賀県草津市の
小児科・小児循環器内科・アレルギー科

〒525-0047 草津市追分一丁目4番25-1号 (フレンドマート志津東草津店敷地内)

医師の紹介

問山院長

院長 問山 健太郎
昭和46年3月5日生

こんにちは、院長の問山健太郎です。

この度、草津市追分口フレンドマート志津東草津店敷地内にて「といやまこどもクリニック」を開院いたしました。

大学を卒業してから18年間、京都府立医科大学小児循環器学教室に所属し、大学病院を中心に一般小児から小児心臓病の最先端の医療に取り組んできました。 また、平成26年からは草津総合病院小児科部長として新生児から高校生までの一般小児全般と小児循環器を担当してきました。

赤ちゃんだった患者さんが、元気になった姿をみせにきてくれることがこの仕事を続ける喜びです。

また、北海道育ちで京都の大学に入学してからは、時間があると、育った地と似た雰囲気をもつ琵琶湖岸をドライブしておりこの地域にご縁を感じておりました。

これからは、地元に密着した形での医療に貢献したいと思っております。

また私自身、小学生の子供2人をもつ父親として、お子様の成長に伴う日々の喜びと悩みを、ご両親とご一緒に共有していきたいと思います。

略歴

  • 平成元年3月 
    北海道札幌北高等学校卒業
  • 平成8年3月 
    京都府立医科大学医学部医学科卒業

職歴

平成8年4月 京都府立医科大学附属病院研修医
平成10年3月 兵庫県立こども病院循環器科
平成11年7月 京都府立医科大学附属病院修練医
平成15年1月 国立療養所和歌山病院小児科(3か月の短期赴任)
平成17年4月 福井循環器病院 小児科医長
平成18年5月 京都府立医科大学小児循環器・腎臓科医員(病棟医長兼任)
平成20年10月 京都府立医科大学小児循環器・腎臓科助教(医局長兼任)
平成26年4月 草津総合病院小児科部長
平成28年4月 といやまこどもクリニック開院
草津総合病院 小児循環器外来 週1 担当
草津市立志津小学校校医・草津市立志津幼稚園園医

専門医

  • 小児科専門医
  • 小児循環器専門

所属学会

  • 小児科学会
  • 小児循環器学会
  • 日本アレルギー学会

学術論文

1) 「Changes in cerebral oxygen saturation and blood flow during hypoxic gas ventilation therapy in HLHS and CoA/IAA complex with markedly increased pulmonary blood flow.」
Toiyama K, Hamaoka K, Oka T, Kobayashi N, Noritake K, Kato R, Kawai Y, Ozawa S, Nishida M, Itoi T.
Circ J. 2010 Oct;74(10):2125-31. Epub 2010 Aug 21.

2) 「Assessment of coronary flow reserve with a Doppler guide wire in children with tetralogy of Fallot before and after surgical operation.」
Toiyama K, Shiraishi I, Oka T, Kawakita A, Iwasaki N, Tanaka T, Sakata K, Itoi T, Shuntoh K, Yamagishi M, Hamaoka K.
J Thorac Cardiovasc Surg. 2004 Apr;127(4):1195-7.

執筆

「新赤本第6版 家庭の医学」 保健同人社 p.519-525 小児の心疾患の執筆を担当

研究歴

  • 2012年 文部省科学研究費 基盤研究C 「虚血再灌流後の肺高血圧危急発生機序に関する研究」
  • 2011年 京都府公立大学法人地域関連課題等研究支援費 「安価な心エコー遠隔診断システムの構築」
  • 2008年 文部省科学研究費 基盤研究C 「先天性心疾患動物モデルにおけるアポトーシスシグナル伝達経路と幹細胞動態の解析」

受賞歴

2008年 日本小児循環器学会 学術集会 「会長賞」受賞

2010年 アクテリオン 「アカデミアプライズ」 受賞

研究班

厚生労働省研究班班員 平成17年-19年

成育医療研究委託事業(17公-5)

「肺血流増加型先天性心疾患に対する低酸素濃度ガス吸入療法の効果と安全性に関する基礎的・臨床的研究」 (主任研究者:石澤瞭、磯田貴義)